「太平洋の海とは・・・・」
サンゴが多く残っており、色鮮やかなサンゴを見る事が出来ます。潮の流れがある為、30本以上のダイビング経験本数がある方が楽しめます。ダイナミックな大物ポイントも多数ありますので、潜り込んだ上級者でも満足出来る海です。平瀬・笠利ボール・Wアーチなどは、人気のポイントです。透視度は25m以上見える事が多いです。 太平洋側北方面の海は、ソフトコーラルの群生があり、カメはソフトコーラルを好むので、かなりな確立でカメと出会えます。多いときは、1ダイブで10固体以上見れる事もあります。 流れがあるポイントが多いので、フロートの持参をオススメします。来店時に無料レンタルフロートもありますので、ご安心下さい!
「東シナ海の海とは・・・・」
ハゼやエビなど、マクロ生物が数多くいる湾内があるのが特徴です。台風前でも湾内があるので、ギリギリまで潜れます。マクロカメラ派ダイバーは、どっぷり70分ダイブも出来ます。クマノミ5種も同じポイントで出会えます。外洋もあるので、マダラトビエイやイソマグロなど、大物とも出会える海です。

img054[1].gif

※太平洋側※ ここには載せていないオリジナルポイント多数あり!
トンパラ   水深ー10m~50m  超上級者のみ
奄美大島北部の、超上級者ポイント。小潮で凪でしかエントリーできず、カレントは上げ潮、下潮有り。エントリー出来れば、大物のオンパレード!!年に数回しかエントリー出来ないポイントリクエストは無理なのであしからず・・・・.船番が必要なので、別途追加料金ありのポイントです。
平瀬     水深ー10m~50m  上級者~
比較的エントリーしやすい、外洋の大物ポイント。潮によっては、かなりのカレント有り。潮が合えばローニンアジ、イソマグロの群れが見れる可能性も?ウメイロモドキやタカザゴの群れは圧巻!条件さえ合えば、良く潜りに行きます。大物好きの人はリクエストしてみてね^^
笠利ホール 水深ー5m~25m   中級者~
奄美大島最北端に位置するポイント。東シナ海と太平洋側の潮が当たるので、引き潮でしかエントリー出来ないポイント。潮が止まる時間が長いので、エントリーしやすい所。ー7mぐらいエントリーなので、耳抜き心配な人でも大丈夫。なんと言っても地形が面白い。沖にまっすぐ伸びる割れが25mぐらい続いています。そこを抜けると大物が回遊している可能性ありだよ!地形派ダイバーには、満足間違いなしの必見ポイントです。.
七ツ瀬    水深ー17m~20m  中級者~
太平洋側で人気の癒しポイント。少し深いですが、真っ白な砂地に7つ小さな根が点在すポイントです。夏前にはキンメモドキやスカシテンジクダイが根を覆い尽くしますとてもカラフルでワイド、マクロどちらでも楽しめる、お勧めポイントです。マダラトビエイやイソマグなどの回遊魚まで見れるチャンスがありますよ^^
石原     水深ー10m~22m  初心者~
リーフエッジを泳ぐポイント。外は真っ白な砂地。瀬にはカラフルなソフトコーラルサンゴがびっしり。ここの見所はカスミチョウチョウウオの群れと、ハナゴイの群れですね。カスミの群れは良く見るでしょうが、ハナゴの大きな群れはなかなか見れませんよ。カメも良く見れる場所です。砂地には、イソマグロや回遊魚が見える事もよくあります。
フーヤトー  水深ー8m~20m   初心者~
.ソフトコーラルの上に、カメが多く見れるポイント。多いときは、5固体以上見れます。リーフエッジには、ハナゴイやハナゴンベがいます。スズメダイの群れも多いですよ。コクテンフグやモンガラカワハギなど、人気の魚も多く見れます。
ウーバー浜  水深ー4m~16m  初心者~
お勧めポイント!浅場で流れも少なくサンゴも多いポイント。オヤビッチャーの群れは圧巻です!ヨスジフエダイやクマノミも多く、初心者から上級者まで満足出来るポイント。多くの種類の魚を見ることが出来るんですよ。砂地にはヤッコエイが見れたりテンスの幼魚などが見れますね。
資料館前   水深ー5m~18m   初心者~
.ボートダイビング初心者が安心して潜れるポイントですね。流れもなく夏は海も静かになるので船酔いも安心。浅場にはカラフルなサンゴの群生があり、クマノミ団地みたいな感じで沢山見れます。ボートで体験ダイビングも可能なポイントです。
Wアーチ   水深ー8m~16m   上級者~
流れがありますが、上級者からのリクエストNO1ポイント。浅くて地形が複雑で、魚が一回り大きく魚影が濃い。サメも5匹ほどウロウロしてるので、99%見れますよ。ナポレオンも見れたりします岸から離れてるので、いつでもエントリー出来ませんが、条件合えば必ず行きます。まだまだガンガダイバーの方、必見なポイントです。是非リクエストしてみてね!!
エビ瀬    水深ー6m~18m   初心者~
ナイトダイビングで良く使うポイントです。トンネルがあったりするので、夜になるとイセエビが見れたりブダイが膜を張って寝たりしてますよ。もちろん昼にエントリーもします。リーフエッジなので、水面上ダツが泳いでる姿が見れます。ノコギリダイの群れやムスジコショウダイの群れが見れます。
一反瀬   水深ー8m~18m 初心者~~PHOTあり(作成中)LinkIcon
太平洋側の代表ポイント。初心者から、上級者まで楽しめる。真っ白な砂地に一反ほどの根があり東に移動するとちょっと大きめの根があります。そこにはキンメモドキがむれており、太陽があれ砂地がキラキラと輝き、南国の海って感じです。カメラ派も満足なポイント。ワイド、マクロOKです。
ヤブレカブレ  水深ー6m~18m  中級者~
トンネルが多数あり、クレパスも多い!地形派ダイバーも楽しめる。流れがある時が多いので、大物も出る可能性あり!
6丁目    水深ー10m~16m   初心者~
初心者からのんびり潜れるポイント。流れもなく、冬場に良く潜りに行きます。ウミウシも多く、冬場に珍しいウミウシも発見されます。トンネルの中には、ウコンハネガイなど、カメラ派も満足して頂ける多種多様のポイントです。カメも良く見られますよ。
グルクンの根  水深ー17m~22m  中級者~
ひろーい瀬に、大きな穴が空いてます。そこにスカシテンジクダイやキンメモドキが群れ、ユカタハタ・ハダカハオコゼ、オニダルマオコゼ、ウコンハネガイなどがいます。周りにはアカマツカサやヨスジフエダイ群れ。甲殻類の小物も多く、マクロ派も楽しめる、ポイント名の通り、クマザサハナムロやタカサゴの群れに取りれたりします。
明神崎カクレ根  水深ー15m~25m  中級者~
岩が多いポイント!流れもあり、グルクンの回遊が多い。カスミチョウチョウウオも群れている。テングハギモドキの群れも多く見られる。
三ッ瀬    水深ー8m~25m   中級者~
ボートで50分かかりますが、奄美でマンタに出会える可能性の1番高いポイントです。外洋に飛び出た岩の周りを泳ぎます。潮があるときが多いので、常時行けませんが、条件そろえば潜りに行きます。マンタに出会えるかもしれないので、行けるときはドキドキですね^^
三ッ瀬カクレ根  水深-10m~60m  上級者~
超ダイナミックな地形。鋭角にそびえた岩の周りを泳ぐ。下は60mあるのでホバーリングが出来ければ泳げません。潮が良ければ、回遊魚がガンガン!グルクンの群れの壁やコクテンカタギ群れ。マダラトビエイノのホバーリングも見れたりします。ここは地形・大物派が潜れば、文句なしのポイント。釣り船がいたりするので、行っても潜れないことがあるので、ご了承を!!
※東シナ海側※  湾内(マクロ系多数)と外洋があります!
大仏サンゴ  水深ー10m~20m  初心者~
大仏と名が付いてるぐらいなので、海の中に大仏様の頭のようなサンゴがあります。コモンシコロサゴと言うサンゴです。大きさが10m以上ある大きなサンゴです。初めて見たら、おーーでかいって思うでしょうね^^砂地にはガーデンイールやヤシャハゼ・ヒレナガネジリンボウがいますよ。
山本スペシャル 水深ー5m~14m  初心者~
湾内の代表的ポイント!ハゼ、エビ、小物盛りだくさん^^カメラの被写体は数えきらないくらいいます。1DIVEではものたらないかも??ウミウシも沢山いるし、クマノミも1DIVEで5種類見れますよ透視度の良いときは、砂地にある根を広角で撮るのも良し。どんなダイバーも満足出来るポイントです。
クジラ浜   水深ー6m~18m   初心者~
ハマサンゴが多く群生するポイント。クマノミやスズメダイが多い。定置網の近くのポイントなので、近くに泳ぎに行くタイワンカマスの群れに出会うこともあります。ダイバーが動かなければ、周りを囲まれることも!クマノミ5種も見れます。
今井崎   水深-12m~18m   初心者~
海の中に三角形の岩があります。その周りに、カスミチョウチョウウオが群れてます。ダイバー慣れているので、潜ると近寄って来ます。色が鮮やかなのでとっても綺麗ですよ。
ミドリヤ   水深-10m~12m   初心者~
湾内で港から5分と近いです。湾の中なので、サンゴは少なくガレ場になっています。砂地には小さな根があって、アザハタが5匹ほどいます。一番大きいのは、猫みたいに慣れてるので、じゃれてきますよ。エビ類の天国です!バイオレットボクサーシュリンプやホワイトソックスがレア物です!スカシやキンメやヨスジが群れています^^
インオアシス   水深ー6m~18m  初心者~
東シナ海の代表ポイント!瀬にはテーブルサンゴが敷き詰められ、砂地にはオアシスを思わせ根があり、夏場にはキンメモドキやスカシテンジクダイが根を覆い尽くします。秋にはマダラトビエが良く見られることがあります。大物も回遊する場所でもある。
ブンブンロック   水深ー18m~35m  上級者~
ボートで30分と遠いですが、地形が面白く回遊魚に出会える場所です。流れがある場所なので上級者からのポイントになります。イソマグロ・ナポレオンやニザダイの大きな群れが見れます。
デッショ   水深ー5m~30m   中級者~
外洋にカクレ根があり、その周りを泳ぐ。ボートで40分かかります。カレントがあるので中級者からです。深場にスミレナガハナダイやピグミーシーホースなどがみれる魅惑のポイント^^
モアイガーデン  水深ー8m~20m  中級者~
モアイ像のような岩が2固体洞窟の中から見れます。真夏の光のシャワーは最高です!カメやアカヒメジの群れなど、バリエーション豊かで、上級者でも満足出来ます。
※ビーチダイブ※
倉崎ビーチ  東シナ海(湾内)
奄美北部の代表的ビーチポイント。魚の種類も多く、カメラを撮るのも良し、じっくり魚の観察も良し。浅いので90分オーバーダイビングも可能。講習、体験でも利用するビーチ。台風が来ても、ギリギまで潜れる強い味方!上級者でも楽しめる、奄美屈指のビーチです。
節田ビーチ  太平洋側(リーフ内)
太平洋側のビーチポイント。エントリーからポイントまで遠浅なので、泳ぐ距離が長くなります。ポイントにつくと、枝サンゴが群生され、デバスズメダイが多く、カラフルな珊瑚礁が見れます。浅いところは光が届くので、ワイドで撮っても楽しいビーチです。













アクセスカウンター




naui_ww_logo_h.jpg
1960年、世界で初めて誕生した
ダイビング指導団体「NAUI」
世界でも信頼ある、NAUI加盟店です


Masahiro Yoshikawa

バナーを作成

奄美 あまみこダイバ-

Facebookページも宣伝